マスター厳選!【スコッチ・ウイスキー シングルモルト】人気おすすめランキング!|Just Fit

TOP » ビール・洋酒 » ウイスキー » スコッチ・ウイスキー

マスター厳選!【スコッチ・ウイスキー シングルモルト】人気おすすめランキング!

2021年02月03日
img

スコッチ・ウイスキーとは、スコットランドで製造されるウイスキーの総称です。その中でもシングルモルトとは大麦麦芽(モルト)だけを原材料としたウイスキーです。スペーサイドやハイランド、アイラ島など各地の蒸留所ごとの独特の個性ある味わいを楽しむことができます。通販で入手しやすいスコッチウイスキー のシングルモルトを厳選してみましたので、ぜひお試しください!

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ザ マッカラン 12年

スコッチ・ウイスキー
こんな商品

・華やかな香りと味わい!
・シングルモルトのロールスロイス!
・シングルモルト初心者にもおすすめ!

1824年にハイランド地方で2番目の政府登録蒸留所となった名門蒸留所で、シングルモルトのロールスロイスとまで賞えられているシングルモルトの最高峰です。厳選されたシェリー樽で最低12年間熟成させた原酒のみを使用したスタンダードなのが「ザ・マッカラン12年」です。

特別な時に

 2021年01月21日

ザ マッカランの12年物。 昔、通っていいたジャズ喫茶でもメニューにありました。 ちょっとお高めでなかなか注文はできなったですが。 飲み方はやはりロックが最高です。 香りがやはり良い。 特別な時に、または残念な時に、まぁいつ飲んでも美味いです。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ザ・マッカラン ダブルカスク 12年

スコッチ・ウイスキー
こんな商品

・洗練されたウイスキー!
・甘く長い余韻!
・バランスの取れた味わい!

12年以上熟成されたヨーロッパのシェリー樽とアメリカのシェリー樽をバッティング。 マッカラン特有の「まろやかさ」を保ちながら、なめらかで甘みのある上品でバランスの取れた味わいです。

次世代の味が堪能できる!

 2021年01月21日

シングルモルト ウイスキー ザ・マッカラン ダブルカスク 12年は、ダブルカスクというように、2種類の樽によって製造されています。味に統一性が出ないのではないかと思われる方もいる事と存じておりますが、この2種類のバランスがしっかりととられており、芳醇さと甘みを感じる洗練された商品です。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ザ マッカラン 18年

スコッチ・ウイスキー
こんな商品

・シェリー樽オンリー!
・コレクションに如何!
・ストレートで味わいたい!

18世紀に生産を開始し、1824年にハイランドで2番目に政府登録された蒸留所となった一流の蒸留所。シングルモルトのロールスロイスとして賞賛されているシングルモルトの最高峰。 厳選されたシェリー樽で18年以上熟成させた生酒のみを使用しています。 まさにラグジュアリーなマッカラン。

これこそ、マッカラン

 2021年01月21日

ウイスキー&ソーダで飲むならダブルカスクかトリプルカスクがオススメだが、ストレートかトゥワイスアップなら、やはりこれに落ち着く。マッカランならではの華やかなシェリー香と変化していくアフターの長さとバランスはさすが。樽香にはバニラのニュアンスがあるのでバニラアイスと合わせるのもありです。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
グレンフィディック12年

スコッチ・ウイスキー
こんな商品

・甘くフルーティー!
・ハイボールもおすすめ!
・満足度が高い!

グレンフィディックは、1963年に世界に輸出された最初のシングルモルトで、伝統的な製造工程で12年以上熟成されたモルト原酒のみで作られています。 ロビーデュー噴水の豊かな水質、スペイサイドの土地で厳選された大麦、ハイランドの新鮮な空気、小型蒸溜釜で作られた素晴らしい味わいのモルトです。

深いスモーキーさ

 2021年01月21日

飲むたびの深みが増していき、だんだんと味が変化してくることを楽しめます。少し重いかなと思いましたが、慣れるとこの重み、渋みでないと物足りなくなりました。存在感がある味わいですが、和洋中どんな料理でも邪魔しないですし、チョコやナッツ、甘いチーズなどにも合うと思います。

芳醇な香りが楽しめる!

 2021年01月21日

グレンフィディック12年は、世界で一番飲まれているシングルモルトウイスキーです。この商品は、その評価にふさわしい品質を持っています。特に、注目すべきは芳醇な香りです。上品な味の中にフルーティーさを感じるので、深みのある味を案じる事が出来ます。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
グレンフィディック18年 スモールバッチリザーブ

スコッチ・ウイスキー
こんな商品

・熟した果実ような香り!
・長く続く余韻!
・職人技が光る!

最低18年以上熟成されたスパニッシュオロロソシェリー樽原酒とアメリカンオーク樽を厳選してヴァッティングし、その後最低3ヶ月後熟。スモールバッチ(小ロット)で個別に厳格に管理することで、深く、豊かな味わいを表現しています。

サラッと飲めるのは普及品同様、フルーティーなウイスキー

 2021年01月31日

普及している普通のグレンフィディック自体軽め、フルーティーなライトボディですので、その延長線上にある銘柄です。エイジングが18年、なかなかな年数ですけど重厚感というほどのものはない。穏やかで飲みやすいのだけど、人によっては高い、と感じるかも。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ボウモア 12年

スコッチ・ウイスキー
こんな商品

・潮の香りの余韻!
・程よいピート感!
・アイラ島最古の蒸留所!

1779年に設立された、アイラ島最古の蒸留所 ボウモアは「アイラの女王」としても知られるエレガントなスモーキーな味わいが特徴です。 12年はボウモアモルトの代表であり、世界中のモルトウイスキー愛好家に愛されています。 潮の香りとさわやかな柑橘系の香りがバランスよく調和しています。

贅沢な時間を提供してくれる!

 2021年01月21日

シングルモルトウイスキー ボウモア 12年は、アイラ島最古の蒸溜所で長い時間をかけて製造されます。繊細なスモーキーな味を感じる中で、ゆったりとした贅沢な時間を感じさせてくれます。素敵なひとときを楽しみたい方にお薦めの商品です。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ボウモア 18年

スコッチ・ウイスキー
こんな商品

・熟した果実の香り!
・長く続く後味!
・ビターな味わい!

1779年に設立された、アイラ島最古の蒸留所ボウモアは、「アイラの女王」としても知られるエレガントなスモーキーな味わいが特徴です。 ボウモアの18年はシェリー樽の比率を上げることにより、ボウモア特有のスモーキーさとシェリー由来の甘さが際立ちます。

余韻が続くアイラの女王

 2021年01月21日

1万円切るくらいのご褒美ウィスキーなので、一段上の美味しさです。 ラフロイグは苦手な方にも飲める、ボウモワ特有の程よいスモーキーさの中に、チョコレートを連想させるビターな甘さを匂わせてくれます。 その長引く余韻が、ご褒美タイムを良い感じに支えてくれます。 正直高くてなかなか手が出ませんし、スモーキーさの好みは人それぞれなので、私の場合はバーで頼んでお試しして、気に入ったのでボトルを購入しました。 個人的には取って置きの1本です。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
タリスカー 10年

スコッチ・ウイスキー
こんな商品

・潮の香りを感じる!
・魚介との相性バツグン!
・スカイ島の逸品!

タリスカーの特徴は、まるで海の潮風を味わっているかのような風味と力強い黒胡椒の香味にあります。タリスカーのすべてのラベルに書かれている「MADE BY THE SEA」は、蒸留所の生産者たちのスカイ島の自然、海への深い感謝とともに、スカイ島の自然をまさに体現したシングルモルトであることを示す言葉なのです。

装丁に負けないインパクト。気持ちの入るお酒です。

 2021年01月21日

友人が愛飲しているウイスキーだったので購入しました。 インパクトのある箱に負けない香りと味わいは、まさにスモーキーでありスパイシー。普段、2次会でバーに行ったときくらいしかウイスキーは飲まない私でしたが、たちまち虜になってしまいました。 私はこれを飲むとカッと気持ちが入るため、大事な用事の前日に飲むことが多いですが、印象的な飲み口に加え、余韻にはほのかな甘みも感じることができ、ハイボールにすれば食中酒としても大活躍です。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
タリスカー ストーム

スコッチ・ウイスキー
こんな商品

・まさにストーム!
・嵐のようなスパイシーさ!
・鼻から抜ける美味しさ!

タリスカー ストームは、口に含むと甘さを感じるか感じないかと思ったとたんすぐに嵐のようなスパーシーさと潮の風味がきます。甘さ、スモーキーさ、潮の風味のバランスが非常に良く、優雅に長持ちします。 ストレートでもロックでもお楽しみください。

燻製のような深い味わい

 2021年01月21日

開けた瞬間に、これぞウイスキー!というような芳醇な香りが漂います。 まるで燻製料理かというほどしっかりとした風味があるのですが、それでいてしつこくなく、クセになりそうな味わいです。 炭酸で割ってそこにブラックペッパーをかけて、スモーキーハイボールとして飲むのが個人的にはおすすめです。 買ったはいいものの、あまりの美味しさにすぐに飲み切ってしまいそうだったので、少しずつ大事に飲むようにしています。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
タリスカー 57° ノース

スコッチ・ウイスキー
こんな商品

・57°でストロング!
・力強さみなぎる!
・濃厚でスパイシー!

100%アメリカンオークのリフィル​​樽で熟成された特別なシングルモルトです。 タリスカー57°ノースは、タリスカー蒸留所の緯度にちなんで、57%のアルコールで瓶詰めしています。 タリスカーの独特で強烈な個性を強調するかのような純粋さが魅力のお酒です。

濃厚でスパイシーな味わい

 2021年01月30日

ストレートで味わうのがもっともよいが、少し加水しても十分に楽しめることができます。 胡椒を彷彿させるスパイシーさがあります。 ツマミとして、ビーフジャーキーやサラミを合わせると、タリスカーのスパイシーな味わいと相乗効果をもたらすのでお勧めをしたいです。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ラガヴーリン 16年

スコッチ・ウイスキー

アイラ島のラガヴーリン湾に面した、絵画のように美しい蒸留所で造られるシングルモルト。最も情熱的、スモーキー、豊かな香味で多くの愛好家からアイラモルトの決定版と評価されています。アイラ島が誇る荘厳なる一品。ピート、海草、ウッド、フルーツの複雑な香味で島の名を世界的に知らしめました。少しウッディな海塩の味覚が続き、長く、上品なピート香に満ちた後味が特徴です。

銘酒中の銘酒

 2021年01月26日

アイラモルトの中でも特にパンチのあるスコッチウィスキーです。 アイラ特有のピート香が非常に強い味わいになっております。私はbarに行ったら必ずワンショット頼んでしまうくらいです。 アイラ好きの方で、物足りないという方がいらっしゃいましたら是非ラガブーリンはオススメしたいと思います! プレゼントウィスキーにも最適だと思います。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
バルヴェニー 12年 ダブルウツド

スコッチ・ウイスキー

バルヴェニー12年ダブルウッド12年<ダブルウッド>は、2種類の樽(木材)に貯蔵されたバルヴェニー独自のモルトウイスキーです。 蒸留後、最初に伝統的なバーボン樽に保管され、次にシェリー熟成に使用されるオーク樽に合計12年。 2つのバレルの特性を最大限に生かした奥行きが特徴です。

飲みやすさが特徴、はちみつ的な甘みも素敵

 2021年01月26日

初めて口にした感想はズバリ、「飲みやすい!」です。スペイサイド地域のウイスキーなので華やかでスムースなのは想像していたのですけど、でも本当に簡単な口当たり。はちみつ、レーズンのような甘味ある香り、テイストを特徴としています。ロックでサクッと飲み干すのもいいですよ。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
グレンモーレンジィオリジナル

スコッチ・ウイスキー

スコットランドで最も愛されているグレンモーレンジオリジナルは、スコットランドで最も高い単式蒸留器であり、ハイランド地方(硬水)とスコットランドの大麦モルトのミネラル豊富な単式蒸留器のみを使用した、最も軽くて純粋な単式蒸留器です。 自然の蒸気だけを抽出するその複雑な味わいは、まばゆいばかりの「感覚の冒険」にあなたを誘います。 柑橘類とバニラのゴージャスな香り、その魅惑的な繊細さと複雑な味わいは、世界中のモルトを飲む人に広く知られています。 2012IWSCディステラーオブザイヤーを受賞。

シングルモルトスコッチの王道

 2021年01月31日

シングルモルトのスコッチの中でもポピュラーな銘柄として挙げる人も多いことであろうグレンモーレンジィ。しっかりとしたコク、アルコール感を感じることが出来ながら、シトラスを感じる軽やかな印象で比較的多くの人の舌にマッチする。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
グレンモーレンジィ ネクター・ドール ソーテルヌカスク

スコッチ・ウイスキー

最高級のソーテルヌワインの樽で熟成された、甘くて絹のような滑らかなデザートのシングルモルト。 ゲール語では、「ネクター」は「神酒」を意味し、「または」は黄金を意味します。 バーボン樽で10年間、その後ソーテルヌのワイン樽で2年間熟成。 その複雑な味わいは、まばゆいばかりの「感覚の冒険」にあなたを誘います。

こんなところにソーテルヌ!

 2021年01月21日

トゥワイスアップで飲んだ時に驚いた一本。完熟した白桃や杏のコンフィチュールを思わせる独創的な果実の香りと力強いアフターの対比が鮮やか。多くのスコッチメーカーがシェリー樽で熟成させる中、ここ以外でソーテルヌの樽を使っているところは記憶にない。言わずと知れた三大貴腐ワインのひとつ、ソーテルヌ。大手ほど新樽比率が高くなる(ディケムなど)のでこんな使い道があったとは楽しい発見だった。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
グレンモーレンジィ 18年

独特の味わいを秘めた「スコッチウィスキー」

 2021年02月04日

パパイヤなどの果実や花のフレーバーを加味しているということで一体どういう味なのか 興味があって試しに購入してみました。 普段飲んでいるウィスキーとは明らかに違う独特な味わいにはなっていますが、 「スパイシーかつまろやか」というこれはこれでクセになる味に仕上がっていて これからも飲みたいと思いました。

独特の味わいを秘めた「スコッチウィスキー」

 2021年02月04日

パパイヤなどの果実や花のフレーバーを加味しているということで一体どういう味なのか 興味があって試しに購入してみました。 普段飲んでいるウィスキーとは明らかに違う独特な味わいにはなっていますが、 「スパイシーかつまろやか」というこれはこれでクセになる味に仕上がっていて これからも飲みたいと思いました。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ザ・グレンリベット 18年

スコッチ・ウイスキー

ザ・グレンリベットすべてのシングルモルトの起源。 「グレンリヴェット」は、創業以来変わらない伝統的な製法や風土、厳選された原材料、200年も変わらない母水、熟練した職人がいなくても生産されません。 グレンリヴェット18年リッチテイストは、いくつかの異なる熟成樽タイプの組み合わせの結果です。 グレンリヴェットのマスター蒸留所であるアランウィンチェスターは、この複雑なウイスキーを作るために多くの高品質の樽から選択します。 アメリカンオークとヨーロピアンオーク、ファーストフィルとセカンドフィルはそれぞれ役割を果たします。 ヨーロッパナラは香りと複雑さを加えます。 最初のフィルアメリカンオークはトロピカルフルーティーさを加えます。

歴史の深さを感じる味わい!

 2021年01月21日

200年以上の伝統と歴史を持つグレンリベットは、全てのシングルモルトの原点と称されており、様々な品評会において、高い評価を受けています。ザ・グレンリベット 18年 シングルモルトを飲めば、後味の長い余韻から歴史の深さを感じる事が出来ます。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
シングルモルト ラフロイグ 10年

スコッチ・ウイスキー

同蒸留所では、夏の涼しい潮風で近くの泥炭を乾燥させ、大麦麦芽を焼いて乾燥させるため、海の香りと強いスモーキーな味わいが麦芽に浸透します。さらに、すべての熟成バレルは、ファーストフィルバーボンバレルのみを使用します。10年間パワフルなスモーキーな味わいが特徴です。 爽快な泥炭の香りと海藻を思わせる潮の香りがひとつに。

癖になるスモーキーな香りは

 2021年01月21日

スモーキーなアイリッシュウイスキーと言えば、このラフロイグです。 もうひとつ有名なボウモワと比べても、更にスモーキーさが強く感じます。お酒を飲まない妻が、何この臭いと気にする位なので、飲むときには事前に断ってから飲んでいます。 味は、強烈な個性の中にも、慣れてきてゆっくり味わうと仄かに感じるクリーミーさ。 ロックでじっくり飲みたいウィスキーです。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ラフロイグ セレクトカスク

スコッチ・ウイスキー

ペドロ・ヒメネス、ヨーロピアン・シェリー、そしてアメリカのバーボン樽で熟成されたさまざまな原液は、バージンのアメリカンオーク樽で樽詰めされ熟成されます。 スモーキーな味わいと甘さを兼ね備えた新シリーズ。 香りはスモーキー、ココナッツ、バニラで、味は濃厚なスモーキーで柔らかな甘さがあります。

コスパ良いスモーキーウィスキー

 2021年01月21日

ラフロイグ10年よりも若干安いのですが、独特で強烈なスモーキーさは流石ラフロイグだけはあり、他には代えがたいクセを存分に発揮しています。 もうひとつ有名なアイリッシュウィスキーのボウモワと比べてもスモーキーな香りは強いのですが、クリーミーさはこちらの方がやや多めに感じます。 飲み続けるための、コスパの良いスモーキーウィスキーです。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ラフロイグ クオーターカスク

スコッチ・ウイスキー

「ラフロイグ」は「広い湾の美しい窪地」を意味します。 クォーターキャスクは、馬を運ぶための樽として一般的に使用されていた小樽に触発されて、19世紀に商品化されました。 通常の樽よりも小さい樽で熟成させることにより、樽と原酒との接地面が大きくなり、熟成が促進されます。 従来のバーボン樽で熟成された生の酒は、最初の充填バーボン樽を解体し、熟成のためにクォーターキャスクにつくりかえます。

独特な香りと甘さの余韻

 2021年01月21日

ピートの独特の香りと、後に残る芳醇な甘さが特徴のウイスキーです。 ちょっとスモーク感が強く癖のあるウイスキーですが、意外とスッキリした甘さの後味で飲み応えがあります。 炭酸や水割りよりもストレートでチビチビ飲むのがオススメですよ。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
アードベッグ 10年

スコッチ・ウイスキー

アードベッグは、イスラモットの最も繊細で複雑な味として世界中で高く評価されています。 ウイスキー評論家のジム・マレーは、「世界最大の蒸留所」と「完璧な味」を賞賛しています。最も桃色でスモーキー。 一度味わうとやみつきになる独特の味わい。 強烈なスモーキーさと繊細な甘さと複雑さの究極のバランス。アードベギャンと呼ばれる熱狂的なファンに愛されています。

ヘヴィー級シングルモルト!

 2021年01月23日

このシングルモルトは、ヘヴィでスモーキー、正露丸のような味も含んでいて、とにかく初めて飲む人には強烈なインパクトを与えてくれます。 ストレートで味わうのがいちばんでしょうが、あまりにきつい場合は一対一の水割りで。 不思議と甘みも感じられて、このウイスキーでシングルモルトにハマる人も数知れずです。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ブナハーブン 12年

スコッチ・ウイスキー

1881年に設立された「ブナハーブン蒸溜所」は、ウイスキーの製造が盛んなアイラ島にあります。 アイラ島では珍しい泥炭をほとんど調理しない方法で作られたシングルモルトウイスキーで、フレッシュな味わいが特徴です。 ウイスキー生酒本来の味わいを追求するため、無着色の自然な色と46.3度のアルコール度数を冷却ろ過なしで仕上げてあります。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
オーヘントッシャン 12年

スコッチ・ウイスキー

1800年頃に設立されたオーヘントッシャンはゲール語のオーヘントッシャン(畑の一角)に由来し、伝統的な「3回蒸留」法を守り続けている蒸留所です。 アメリカンオークのバーボン樽で12年以上熟成させたモルトウイスキーを使用しています。 トーストしたアーモンド、キャラメルのような香りとなめらかな味わいが特徴です。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ハイランドパーク 12年 ヴァイキング・オナー

スコッチ・ウイスキー

ハイランドパークは、1798年の創業以来、伝統的な製法を維持している最も権威のある蒸留所の1つです。ハイランドパークの12年は、蒸留所の特徴をバランスよく表現しており、ヘザーの甘い泥炭の香りを感じることができます。 煙の中に蜂蜜。 味わいはドライで、優しいスモーキーな味わいが永遠に残ります。 すべてのモルトの中で最もオールラウンダーであり、優れた食後酒とウイスキー評論家であるマイケルジャクソンによって100点満点中90点と高く評価されているウイスキーです。

飲みやすいウイスキーを探している人に勧めたい

 2021年01月21日

元々ウイスキーが好きで、家に置いておく時にカッコいいボトルのものを探していたときにたまたまこのハイランドパークのウイスキーに出会いました。 飲んでみると、想像していた以上に美味しくて飲みやすく、とても気に入りました。 正直なところ、国産ウイスキーよりコスパもいいと思ってしまいます。 いつも飲んでいるウイスキーと違う甘味、まろやかさ、香り、飲みやすいものないかなと探している方にもオススメです。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ザ シングルトン ダフタウン 12年

スコッチ・ウイスキー

伝統的なウイスキー作り、何世代にもわたって受け継がれてきた職人技、そしてスペイ川の清流から丁寧に作られたシングルモルト。 ヨーロッパナラ(シェリー樽)とアメリカンオーク(バーボン樽)の非常にバランスの取れた、滑らかでフレンドリーなシングルモルト。 ナッツのような香り、豊かなフルーティーな味わい、そして長持ちするフィニッシュが特徴の12年。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ポートシャーロット スコティッシュバーレイ ヘビリーピーテッド アイラシングルモルト

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
アランモルト 10年

スコッチ・ウイスキー

10年熟成とは思えない柔らかさと滑らかさが特徴で、冷却ろ過や着色なしで自然な状態で瓶詰めされています。 柑橘系の果物の香りとモルトの自然な甘さをいつでもどこでも楽しめます。香りはバニラ、キウイ、バナナ、メロン、ココアパウダーが豊富です。 味はシナモン、柑橘類、シリアル、スイートオーク、シロップです。1995年に160年ぶりにアラン島で復活した島で唯一の蒸留所です。

10年熟成とは思えない芳醇さ!

 2021年01月21日

他のシングルモルトが15年から20年かけて作られるのに対して、この商品は10年という短い熟成で作られています。しかしながら、熟成が短いにもかかわらず、透き通るような香りと深みのある味を生み出しているので、これが本当に10年という短い熟成で作られていることに驚きです。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
グレンフィディック IPA エクスペリメント インディアペールエールカスクフィニッシュ

スコッチ・ウイスキー

同じスペースサイドにある「スペースサイドクラフトビール」とのコラボボトル。 グレンフィディックの熟成に使用されたアメリカンホワイトオーク樽で1ヶ月間熟成されたIPA。 樽を戻し、グレンフィディックをさらに3か月間熟成させます。 実験的で魅力的なもの。

グレンフィディックの実験シリーズ!

 2021年01月30日

グレンフィディックのエクスペリメンタルシリーズ(要するに実験)です。 そもそもウイスキーもビールも麦芽を使用していて、乱暴な話ビールを蒸留して熟成しちゃえばウイスキーになります。 なので面白く無い訳が無い!まずい訳が無い!そんな気持ちで飲んでみました。 正直な所IPA特有の後に来る苦味の様な物は感じづらいですがホップの爽やかさはしっかりとあたってきます。特にクラフトビール好きな方は飲んで、ウイスキーの中に眠るIPAを探してみると面白いかなと思います。 ちなみにもう1つあるエクスペリメンタルシリーズのプロジェクトXXですが、コンセプトはXXの方が面白いですが、味はIPAの方が美味しいなと感じました。

この記事を共有する