マスター厳選!【バーボン・ウイスキー】おすすめランキング!|Just Fit

TOP » ビール・洋酒 » ウイスキー » アメリカン・ウイスキー

マスター厳選!【バーボン・ウイスキー】おすすめランキング!

2021年01月26日
img

バーボンの産地は、アメリカのケンタッキー州が中心です。51%以上の原料はトウモロコシです。通販で入手しやすいバーボン・ウイスキーを厳選してみましたので、ぜひお試しください!

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
メーカーズマーク

アメリカン・ウイスキー

アメリカのケンタッキー州にある小さな蒸留所から誕生した「メーカーズマーク」は、最高品質のバーボンを作ることを目的に試行錯誤しながら生まれました。230年の伝統とノウハウを受け継ぐ由緒あるバーボンウイスキー。バーボンによく使われるライ麦の代わりに冬小麦を使用することで、さらっとしたやわらかな味わいに仕上がっています。また、効率より品質を優先する丁寧な手作業で素材を生かし、バーボン本来の味わいを高めています。世界で評価されている最高品質のバーボンは、唯一無二の手作りです。丁寧に手作業で仕上げたプレミアムバーボンは、プレゼントにも最適です。

甘味があって最高です!

 2021年01月23日

赤い蓋は、溶かしたキャンドルでとてもオシャレです。外観のオシャレさは随一かもしれません。味は甘味が強く、飲んだ瞬間に『これ、メーカーズだね』となるくらい味が濃いです。ですので、水割り、炭酸割りでも美味しく飲めます。でも、1番美味しいのは、やっぱりロックですね。

毎日飲めるさわやかバーボン

 2021年01月23日

ここ数年で少し値上がりしましたが、 まだまだリーズナブルなメーカーズです。 昨年の父の日には大きく宣伝して少し知名度が上がったのではないでしょうか? サワーマッシュという特殊な酵母で熟成されているせいか、 ほかのバーボンに比べてとても飲みやすく ロックでも、水割りでも、もちろんハイボールでも いくらでも飲めてしまうのが魅力です。 味も香りもしっかりしているのに、 毎日でもいくらでも飲めてしまう、 そんな素敵なお酒です。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
メーカーズマーク 46

アメリカン・ウイスキー

熟成した原酒樽に「インナーステーブ」と呼ばれる焦げたフレンチオークの板10枚を沈め、数ヶ月熟成させます。 後熟によってもたらされる甘いキャラメルとバニラのアロマと豊かな味わい、長く滑らかな後味がとても魅力的です。 濃い琥珀色、キャラメルを思わせる濃厚で甘い香り、濃厚でコクのある味わい、長く滑らかな後味が特徴です。

良い香りです

 2021年01月23日

キャラメルやバニラのような甘い香りと味でとても美味しいお酒です。ボトルが高級感があって家に置いておいてもお洒落なのが気に入っています。飲みやすいのですが味に深みがあって、アルコール度も高めでお酒好きのためのお酒という感じです。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ワイルドターキー スタンダード

アメリカン・ウイスキー

「ワイルドターキー」は、1869年に設立されたリピー蒸留所(現ワイルドターキー蒸留所)に端を発し、1960年代から55年以上にわたり、世界最長のマスター・ディスティラーとして活躍しているジミー・ラッセルが、息子のエディ・ラッセルとともに、原料の味を最大限に引き出す特定の製造方法を守り続けている蒸留所です。「ワイルドターキースタンダード」は、やわらかい口当たりで飲みやすいです。 ワイルドターキーの基本的な味。

マイルドです

 2021年01月23日

甘みのあるマイルドな味でとても飲みやすいです。そのまま飲んでも美味しいですし、レモンなどの柑橘系や炭酸水で割っても合います。コストパフォーマンスも最高ですので嬉しいです。お酒が好きな方ならあっという間に1本飲み切ってしまう美味しさです。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
オールド クロウ

アメリカン・ウイスキー

1835年生まれの歴史あるバーボンです。製品名には、ブランドの創設者であり医師でもあるジェームズ・クロウ博士の名前が付けられています。 彼は「サワーマッシュ製法」の発明者として知られており、バーボン製法の革新に多大な貢献をしてきました。 さわやかな香りと深みのあるコクがあり、心地よくバランスの取れた味わいをお楽しみください。

味もラベルも渋くて味のあるデイリーライン

 2021年01月23日

確かな渋みを感じる玄人好みなバーボンです。 直訳するとおじいちゃんカラス そこはかとないかっこよさを感じる素敵なラベルです。 味わいは苦めで爽やかさを感じます。 コスパが良いのがバーボンの魅力ですが、 その中でも抜群ではないでしょうか。 ハイボールで飲むのがおすすめで、 バーで聞いた話では、あの松田優作さんが好んで飲んでいたとか。 探偵はウィスキー好きなイメージがありますが、 この年季の入ったカラスのバーボンのハイボールは、 また一味違ってとてもおいしく楽しめます。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ジムビーム

アメリカン・ウイスキー

世界120カ国以上でサポートされている世界一のバーボン。 厳選された高品質のとうもろこしを4年以上かけて製造した熟成原酒を使用しています。 とうもろこしの香りと甘みが引き立つマイルドな味わいで、飲みやすいです。 ウイスキー初心者の方にもお勧めします。

バーボンの定番

 2021年01月23日

大昔、大学生だった頃に、憧れのカウンターバー始めて出会ったバーボンです。当時、「ジンビーーーム」のTVコマーシャルに誘われて、初めて口にした、甘く芳醇なバーボンの香りの衝撃は、今も忘れることができません。こんなにも飲みやすく薫り高いウィスキーがあったなんて本当に驚きでした。それ以来のお付き合いです。今でこそ街のスーパーでもよく見かける存在になりましたが、当時は高嶺の花でした。良い時代になったものです。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ジムビーム ダブルオーク

アメリカン・ウイスキー

キャラメルのような甘みのある「ジムビームダブルオーク」は、バーボン樽で4年間熟成させた後、アメリカンホワイトオークの新樽で数ヶ月熟成させます。 バニラを超えたキャラメルのようなコクのある甘さが特徴の、なめらかな味わいのバーボンウイスキー。 7代に渡る名門「ジムビーム」サントリーバーボンウイスキー「ジムビーム」は、世界120カ国以上で飲まれている世界一のブランドです。

深い味です

 2021年01月23日

ホワイトオークの樽で4年も熟成しているという説明に惹かれて購入してみたら想像以上の美味しさでした。バニラやキャラメルのような甘いいい香りと、深みのある少し渋めの味わいでとても満足できるお酒です。ロックで飲むのがおすすめですが割っても美味しいです。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
I.W.ハーパー 12年

アメリカン・ウイスキー

ルフ・バーンハイムがアメリカのケンタッキー州で蒸留を始めたときに生まれました。 1961年に「バーボンの長期熟成は無意味」と言われていたとき、12年の発売で世界を驚かせたのは、ユニークなデキャンタボトルに入った世界初の12年熟成プレミアムバーボンでした。

ひとめぼれする

 2021年01月23日

 映画に出てきそうなほど、優雅な存在感を感じるウイスキーです。  ザ・ウイスキーって感じです。いろいろなお酒が、世の中にありますが、これだけは特別な印象を与えます。それが、例え、まだウイスキーを飲んだことのない人であったとしても、一生に一度は味わってみたいと思わせてしまうほどに。  わたしは、インターネットでこのウイスキーを見たときに、一目で気に入りました。そう思ったのは、おそらく、わたしだけではないはずです。  ウイスキーもいろいろとありますが、これだけは、わたしのなかでもレジェンド的な存在です。昔のわたしは、お酒と言えば、かなり距離をおいている方の人間でした。ビールを少しだけ飲む程度です。それも会社がらみのお酒の席だけでした。しかし、ある日、このウイスキー I.W.ハーパーのシリーズを友人にすすめられました。そこではじめて、わたしはウイスキーの魅力に出会いました。広く奥深いものを感じ、当時、感動したことを覚えております。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ブラントン シングルバレル

高級な味です

 2021年01月23日

お値段は少々お高めに感じますが、その分とても美味しいので大満足できます。ずっと匂いを嗅いでいたくなるような甘い良い香りです。そのまま飲むのはもちろん美味しいですが、アイスにかけてデザートとしていただくのもおすすめです。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ジャックダニエル ブラック

アメリカン・ウイスキー

ジャックダニエルのブラックは、バーボンとは「テネシーウイスキー」としてランクが異なる、アメリカを代表するプレミアムウイスキーです。 テネシー州の創業以来の製法は、溜まったウイスキーを木樽に詰めて作った楓の木炭を使って、一滴ずつチャコール・メローイングすることでした。 バニラやキャラメルなどの香りが良く、まろやかでバランスの取れた味わいが特徴です。

大人になって飲んでみると甘い香りが感じられるように

 2021年01月23日

学生の頃、ちょっと背伸びして飲んでみると、「シンナーみたいな臭い」といった感想しかなかったけど、大人になってウイスキーをたしなむようになってもう一度トライすると、青りんごやメロン、さらにはバニラのような甘い香りを感じられるようになってしまいました。あとはフィルターに用いられるサトウカエデの炭の影響でしょうか、そこはかとなくメープルシロップのような雰囲気も確認できますね。ストレートは自分にとってはちょっと刺激が強いけど、ロックで飲むと1日の疲れが癒されるように感じられます。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ジャックダニエル シングルバレル

アメリカン・ウイスキー

テネシーウイスキーの代名詞で、サトウ楓の木炭で蒸留後のウィスキーを一滴ずつ濾過するプロセスで知られています。1886年の創業以来、頑固に製造方法を守り続けています。 最高の色、香り、味わいの樽から厳選された最高級のジャックダニエルの製品で、他の樽の原酒と混ぜることなく瓶詰めされています。

バーボン上級者への道

 2021年01月23日

若い頃からウィスキーが好きでよく飲んできたが、特にバーボンは、その特有の甘く芳醇な香りに魅せられて40年に渡り飲み続けてきた。ジャックダニエルは、高級なバーボンの代名詞であるが、特にこのシングルバレルは、特別によく仕上がった樽のみから瓶詰めされており、 熟成の極みともいえる円やかさを味わえる。度数も高く、バーボン上級者への道を開くブランドバーボンである。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ジャックダニエル ゴールド

アメリカン・ウイスキー

マスターディスティラーが、特に熟成された樽を慎重に選択し、2回目のチャコールメローイングと2回目の樽熟成(メイプルウッドフィニッシュ)を経たジャックダニエルゴールドは非常に豊かで滑らかな味と優れたバランスを兼ね備えています。 すべてが時間とともに変化します。 しかし、ジャックダニエル蒸留所が生産するテネシーウイスキーの製造方法は、100年以上経っても変わっていません。 ジャックダニエルは、時間のかかるチャコールメローイング製法を使用して一滴ずつ濾過された、まろやかでまろやかでバランスの取れたウイスキーです。

良い香りです

 2021年01月23日

箱に入っているので高級感があり、プレゼントに贈ることも多い商品です。もちろん自分でも飲みます。深みのある味わいで甘い香りが良くておすすめのお酒です。ロックでもどんどん飲めてしまう飲みやすさですが、割っても美味しいです。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
アーリータイムズ イエローラベル

アメリカン・ウイスキー

アーリータイムズは、1860年に当時の商業の中心地であったケンタッキー州のアーリータイムズステーションで生まれました。 この年はリンカーンは16代目の大統領になり、翌年には南北戦争が始まりました。 アーリータイムズが長い間愛されてきた理由の一つは、アメリカが「自由と独立」を支持したこの時期に生まれ、常にその開拓者精神を称賛してきたからかもしれません。

アーリータイムズ素晴らしい

 2021年01月23日

 絵になるボトルが素晴らしいです。わたしは、ラベルのデザインにも古き良きアメリカを感じます。昔、、もう10年前にもなりますが、行き着けのジャズ喫茶に、このアーリータイムズイエローラベルだったかは定かではありませんが、アーリータイムズのシリーズをボトルキープしている常連さんがいて、いつも美味しそうに味わっているのを思い出します。わたしにとって、どこか、アダルトな感じがして、思い出深いウイスキーのひとつです。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ジム ビームライ

アメリカン・ウイスキー

200年以上の歴史を持つ世界一のジムビームブランドのライウイスキーです。 ライ麦由来のスパイシーでドライな味わいを持ちながら、フルーティーな香りをお楽しみいただけます。 世界120カ国以上でサポートされているバーボンウイスキー。

安心の逸品

 2021年01月23日

 ジム ビームライは美味しいです。  いま、一番といっていいほどに、わたしにとってのバーボンウイスキーのなかで、リスペクトしていますお酒のひとつです。  あの控えめなボトルデザインが、しっくりきます。やはり、洗練されたものは、素晴らしく、見た目にもそれが現れているかのようで、わたしの隠れたお気に入りのボトルデザインのひとつになっています。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
フォアローゼズ プラチナ

アメリカン・ウイスキー

「ファオローズのプラチナ750ml」は、限られた量の原酒を贅沢に使用し、古くから熟成させたウイスキーです。 複雑で風味豊かな熟成の香り、落ち着きのある深みのある味わい、上質な舌触り、そして長持ちする心地よい後味をお楽しみいただけます。

エクセレント

 2021年01月23日

 わたしにとって、このフォアローゼズ プラチナ は、エクセレントなウイスキーのひとつです。  見た目がキュートなので、実はダンディーなウイスキーのボトルをもとめてしまうわたしにとって、遠い存在でしたが、ある日、オーナーにすすめられると、なかなかの逸品で、それ以来、リスペクトしているお酒のひとつです。  わたしにとっての、ウイスキーに対する既成概念を壊してくれた、ありがたいお酒のひとつとなっています。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
フォアローゼズ ブラック

なぜか女性が好んで飲むバーボン

 2021年01月23日

フォアローゼスのラインナップの中では、 私はこれが一番好きです。 味、値段、そしてカッコよさ どれをとっても間違いなく一番だと思います。 そしてなぜか女性にとっても人気なんです。 良く通っていたバーでも、 ハイボールを飲む女性がなぜかこのブラックラベルに落ち着くんです。 もう10年以上も目の当たりにしている謎の現象なので、 誰かに解明してほしいです。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
エライジャ・クレイグ スモールバッチ

スモールバッチは失敗だったかも?

 2021年01月23日

しばらく見かけなかったエライジャクレイグでしたので、 一本購入して飲んでみました。 個人的な意見ですが、 以前の力強い感じが鳴りを潜めてしまい、 すこし物足りなさを感じてしまいました。 バーボンを初めて作ったと言われる人の名前を冠したお酒で、 初めて飲んだ時の複雑な味わいが鮮明です。 よく言えば万人受けに寄ったように思えますので、 バーボンの入門には飲みやすくて良いかなと思います。 併せて旧ボトルを探して飲んでみたいと思います。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
バッファロー・トレース

アメリカン・ウイスキー

バッファロートレース蒸留所は、1999年に「古代時代の蒸留所」から名前を変更しました。ウイスキーの製造は、創業以来、禁酒法の期間中も連邦政府および州政府によって薬用酒として承認されており、米国で最も古く、最も長く稼働している蒸留所となっています。 世界的に有名なウイスキー業界誌「ウイスキーマガジン」で、2005年から2007年まで3年連続で年間最優秀蒸留所に選ばれました。バッファロートレース蒸留所のシグネチャー製品。 ストレートバーボンウイスキー。 香りはバニラ、ミント、糖蜜です。 最初は黒糖のような甘みとオーク、タフィー、ラズベリー、アニスの甘さが口の中に広がります。 後味は深く滑らかです。

ブラントン好きな人にはおススメです。

 2021年01月23日

全然名前が違うのですが、 あのお馬さんバーボン「ブラントン」を販売している蒸留所のロウアーラインナップです。 力強いバッファローのラベルとは裏腹の、 とっても繊細でロ度通りの良い味わい。 ストレートでゆっくり、 気の置けない仲間と語らいながら飲むのに最高のお酒だと思います。 ロックでのんびり、 氷の解け具合で味が変わるので何度も楽しめます。 もちろんハイボールでもおいしく飲めます。 甘みが増してコクが深く、 締めの一杯にもお食事と一緒でもとてもおいしいです。 ブラントンは知っているけどトレースを飲んだことがないのはもったいないですので、 ぜひ飲んでみてください。 おススメです!

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ジェントルマンジャック

アメリカン・ウイスキー

2回磨かれた究極の滑らかなテネシーウイスキー。 ジェントルマン・ジャックは、樽熟成前に行われたチャコールメローイングを熟成後に再び行われる、2回のチャコールメローイングを経ることによる究極の滑らかで滑らかな味わいです。 O l d No. 7はジャックダニエルのようにバランスを追求した商品ですが、ジェントルマンジャックはその名の通り優しさを表現した上品なウイスキーです。 製造方法により生産量に限りがあり、希少品として愛好家に知られています。 バニラとキャラメルのバランスの取れた香りと、ほんのりフルーティーさが特徴です。

ジェントルマンジャックは良いものです

 2021年01月23日

 わたしにとって、ジェントルマンジャックは良いものです。それもただ良いのではなく、それを越えて素晴らしいものと言えます。  わたしは、まず、ボトルのデザインに引かれました。シンプルで、安定感のあるデザインは、見るものに、ザ、ウイスキーっといった印象と存在感を与えます。持っているだけでワクワクしてしまうのは、わたしだけでしょうか。  芳醇で、かつ、まろやかな香り、そして、味わいを生み出している、このジェントルマンジャックを選ぶのは、わたしだけではないでしょう。  

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ブレット バーボン

アメリカン・ウイスキー

「のどを焦がさないなめらかさ」と言われる、多層でなめらかな味わいが特徴です。6年以上熟成と高品質のライ麦が豊富に使用された、ユニークなレシピから生まれた珍しいバーボンです。ブレッドバーボンは、ケンタッキー州ルイビルの居酒屋のオーナーであるオーガスタス・ブレッドによるものです。ブランデー作りの知識を活かして作り始めたバーボンウイスキー。1860年にブレッドが偶然に亡くなったことでその歴史は終わりましたが、1987年にトムブレッドは曽祖父のレシピを使って伝説の味を復活させました。

マイルドで飲みやすい!

 2021年01月23日

6年以上の熟成を経て、独特の癖を持った味わいになっていると思いきや、のど越しが良く、のどが痛くならないマイルドなできなので非常に飲みやすいバーボンです。マイルドながらも、使用されている高級ライ麦によって深みも楽しめる味わいとなっています。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ノブクリーク

味とコスパが最高!

 2021年01月23日

ノブクリークはアメリカで非常に人気のあるハンドクラフトバーボンです。人気な理由として、スモール・バッチ・バーボンの中でも最も長い9年の熟成期間が作り出すゆったりとした余韻が素晴らしい点と熟成期間に対するコスパがとても良いことが挙げられます。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ジムビーム デビルズカット

アメリカン・ウイスキー

樽香が楽しめる“BOLD(パワフル)バーボン“「ジムビームデビルズカット」は、ウイスキーを瓶詰めした後に樽に残ったバーボン(悪魔の取り分)をブレンドしたものです。 熟成させたバーボン樽に浸したバーボン原酒を独自の方法で取り出し、強いオークの香りとわずかな苦味で仕上げます。 生の自然な苦味と樽由来の風味を持つバーボンウイスキー。

ナチュラルだけど独特な味わい!

 2021年01月23日

ジムビーム デビルズカットはまさにバーボンと呼ぶのにふさわしい味わいを持っています。それは、長い熟成の中で樽由来のナチュラルビターな味わいを誰でも楽しむことができるからです。デビルズカット独自の味わいは是非とも体験してみるべきです。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ファイティングコック

ヘヴィタイプのバーボンバーボン

 2021年01月26日

ファイティング・コック(クック)は、「闘鶏」を意味します。バーボンは、時代とともに、ライト化する傾向にありますが、あえて、時代に逆らった、昔のままの、男性的なヘヴィタイプのバーボンです。ラベル表記「103」とありますが、103プルーフ、度数51.5%の事です。原料は、小麦。とても味わい深いです。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ワイルドターキー 13年

アメリカン・ウイスキー

「ワイルドターキー」は、1869年に設立されたリピート蒸留所(現ワイルドターキー蒸留所)に端を発し、1960年代から55年以上にわたり、世界最長のマスター蒸留所として活躍しています。 ジミー・ラッセルは、息子のエディ・ラッセルとともに、食材の味を最大限に引き出す特定の製造方法を守り続けている蒸留所です。「ワイルドターキー13年」は、世界的に有名な親子蒸留所によるケンタッキーストレートバーボンの最高峰です。

繊細でまろやかなターキー

 2021年01月24日

バーボンの中では荒々しい味わいのターキーですが、8年に比べまろやかでコクと重量感を感じる口当たり。 香りは8年に比べ柔らかくキャラメルやチェリーの香り、フルーティーさが鼻を抜け、口の中で薬草の風味とタンニンのような苦みと酸味が楽しめます。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ウッドフォードリザーブ ダブルオーク

アメリカン・ウイスキー

スーパープレミアムスモールバッチバーボンとウッドフォードリザーブの新製品! 「ダブルオーク」は、2種類の樽で革新的な熟成過程を経て作られたバーボンです。 最初に焦げたオーク樽で熟成させ、次に樽の内側に強くトーストし、次に別の軽く焦げたオーク樽で熟成させます。 2回目の熟成に使用される深く焦げた樽は、柔らかく、甘く、深い味わいを引き出します。

映画のワンシーンのようなバーボン

 2021年01月26日

美味しい呑み方は、ロックです。氷を3個入れたグラスの上から注ぐだけで、琥珀色の輝きに魅了されます。通を気取るなら、メジャーカップで1ショット、2ショットを計る事もお勧めです。 2種類の樽を使った追熟方式がとられている、特別なウイスキーなので、深みと風格がある味わいです。ステーキはもちろん、お漬物や野菜の炊き合わせにも良く合います。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
フォアローゼス スモールバッチ

アメリカン・ウイスキー

フォアローゼズスモールバッチは、2006年にケンタッキー州でのみリリースされました。 蒸留所のマスター・ディスティラー“ジム・ラトリッジ”が熟成のピークに達した樽から、完璧にバランスの取れた小ロットのバーボンを作るのに適した異なるフレーバーの4つの樽が選択しブレンド。 なめらかで甘いフルーツの香り。 濃厚でスパイシーな味わい。 マスター・ディスティラーズ・メロウ・チョイス”としても知られるまろやかな味わいは、すっきりとした味わいです。

おすすめバーボン

 2021年01月29日

バーボンは手ごろな値段のものが多く味もマイルドで、気軽に楽しめるので好きです。中でもフォアローゼスは良く飲むウイスキーの一つですが、通常のものより一つランクの高いスモールバッチを試してみました。バニラのような豊かな香りがし、ロックが合うなと個人的には思いました。ゆっくり楽しみたいと思います!

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
バーボンウイスキー テンガロンハット

手軽派にお勧めです

 2021年01月24日

手軽にバーボンを楽しむのに丁度よい価格帯のウイスキーです。透明感があり、クセのない味わいで、価格以上の価値があると感じています。熟成期間が3年ということもあり、フレッシュな熟成樽の香りが際立ち、バーボン色を更に強調した印象になっています。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
オールドグランダッド80

アメリカン・ウイスキー

「オールド・グランダッド(曽祖父)」ブランド名は、1882年に会社を引き継いだ3代目レイモンドB.ハイドンの祖父です。創設者のバジル・ハイドンの功績にちなんで名付けられました。 伝統的な製法で昔ながらの甘い香りとライ麦の風味をしっかりと感じることができるのは、このオールド・グランダッドです。6年もののスムーズな飲み口。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ヘンリー マッケンナ

バランスの取れたバーボンです

 2021年01月24日

3000円前後のクラスのバーボンとしては完成度が高く、味、香りともにとても満足のできるウイスキーであると感じています。癖のない味わいで、すっきり軽やか、ウイスキー初心者にもおすすめの一本です。肉、魚料理を選ばず、料理にも合わせやすい点も魅力に感じます。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
I.W.ハーパー ゴールドメダル

アメリカン・ウイスキー

I.W.ハーパーのI.W.は、ドイツから米国への移民であり、このバーボン蒸留所の創設者であるアイザック・ウォルフ・バーンハイムのイニシャルです。 お辞儀の紳士のマークは、1950年代の広告に登場した“It's always a pleasure(毎度ありがとうございます)"というアイコンです。

マルチに使えるバーボンです

 2021年01月24日

ワンランク上のバーボンといった印象で、その完成度は非常に高いと感じています。トウモロコシ由来のスムースなのど越し、かすかなフルーティーさを感じながらもずっしりと重い熟成樽のウッディーな香り、どの食事のジャンルとも相性がよく、使い勝手の良いウイスキーです。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ワイルドターキー マスターズキープ リバイバル

アメリカン・ウイスキー

マスターズキープリバイバルは、受賞歴のあるマスターズキープリミテッドシリーズの最新のバーボンです。オロロソシェリー樽で熟成させた、12〜15年熟成したワイルドターキーバーボンのブレンド。 プロデューサーのエディ・ラッセルがスペインを訪れ、20年間のシェリー樽を厳選しました。 レーズン、柑橘類、かすかなオーク樽のアロマとスパイス、甘いトロピカルフルーツ。 長持ちする蜂蜜、ドライアプリコット、わずかなスパイス。

ワンランク上のバーボンです

 2021年01月24日

スタンダードなワイルドターキーを複数ブレンド、更に熟成して作られるだけのことはあり、ワンランク上のバーボンといった味わいに仕上がっています。香りはオーク樽のウッディ感をメインに甘い香りが広がります。味はスパイシーさとフルーティーさの共演といった感じで満足のいく味になっています。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
メーカーズマーク カスクストレングス 2020

アメリカン・ウイスキー

クラフトバーボン「メーカーズマーク」の原点である、ろ過されていない樽出し原酒<カスクストレングス>が数量限定で発売されました。 バレル特有のビターチョコレートの香りに小麦の甘さがゆるく漂い、意外と甘くなめらかな仕上がりに。 キャスクの強さでも、標準のメーカーズマークのまろやかな味わいを保ちながら、より深い仕上がりの逸品です。 クラフトの価値と樽の強さのパンチのある味わいを表現するために、2020年から、ランダムにオーバーディップされたワックスシール付きのボトル12本に約1本が含まれています。

香り濃厚、アタックも強いカスクストレングスエディション

 2021年01月26日

飲みやすいバーボンの代表格の特別エディション。チョコレート、レーズンらしさが際立っているのはさすがに樽生出しのカスクストレングスらしいです。アルコール度数も通常の製品よりも高いので口に含んだ時のアタック、ボディ感は強め。ロックで飲んでもガツンとする口当たりが楽しめます。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ウッドフォードリザーブ ライ

アメリカン・ウイスキー

ケンタッキー州最古の蒸留所であるウッドフォードリザーブ蒸留所のマスター蒸留所によって作成された小ロット(少量生産)のスーパープレミアムライウイスキー。 マッシュビルは、ライ麦53%、麦芽14%、トウモロコシ33%です。 石灰岩のブロックで作られたユニークな貯蔵庫で、本物のゆっくりとした均一な熟成を繰り返すことで生み出される非常に滑らかな味わいが特徴です。

1812年創業の歴史あるバーボン

 2021年02月06日

メーカーの公式ホームページで紹介されていたカクテル(WOODFORD SPIRE)を作りたくて購入しました。レモネードとクランベリージュースを混ぜて作るカクテルですが、バーボンウィスキーそのものが昔ながらの製法で丁寧に作られているのでベースがしっかりして美味しいカクテルができました。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
バーボンウイスキー ブッカーズ 2020

アメリカン・ウイスキー

バーボンウイスキーの名門ビームファミリーの6代目ブッカー・ノウの最高傑作「ブッカーズ」2020。6〜8年熟成された樽は慎重に選択され、バッティングされており、クラフトバーボンの最高峰として適しています。 割水や濾過したりせずにそのまま瓶詰めしています。 重くなく、熟成が深く、アルコール度数が高く感じられない滑らかさ、そしてフルーティーさで密かに感じる独特の苦味が特徴です。 ウイスキー愛好家は、製造年によってわずかに異なるアルコール含有量とフレーバーに魅了され続けています。

芳醇な味わいが堪能できます

 2021年01月30日

「銘酒」として名高い「ブッカーズ」の中でも”最高の完成度”といわれる熟成期の原酒を 使用しているということでかなり期待していましたが、 実際に飲んでみるとその前評判どおりの味わいでした。 想像以上に飲みやすかったこともあり、これからも気軽に楽しめそうだと感じました。

芳醇な味わいが堪能できます

 2021年01月30日

「銘酒」として名高い「ブッカーズ」の中でも”最高の完成度”といわれる熟成期の原酒を 使用しているということでかなり期待していましたが、 実際に飲んでみるとその前評判どおりの味わいでした。 想像以上に飲みやすかったこともあり、これからも気軽に楽しめそうだと感じました。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
フォアローゼス シングルバレル

スパイシーなバーボン

 2021年01月29日

スパイシーな香りが特徴のバーボンです。フォアローゼスは値段が手ごろなものが多く好んで選ぶことが多いです。とてもコクがあり個人的には水割りやソーダ割が好みかなと思いました。チョコレートなどと合わせてゆっくり楽しみたいウイスキーだと思います。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ブラントン ブラック

バーボンの中では一番好きです

 2021年01月24日

同級生がやっているバーで紹介してもらって初めて飲みました。奥深くてまろやかな味わいで、すぐにハマりました。ロックも美味しいですが、ハイボールで爽やかさと一緒に味わうのもおすすめです。味ももちろんですけど、ボトルもオシャレでいいですね。また、ボトルキャップの乗馬のフィギュアは「B・L・A・N・T・O・N・S」で8種類あるそうです。ハマってしまうと深い味わいに他のバーボンウイスキーが飲めなくなってしまいますよ。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
イーグルレア シングルバレル

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
イエローローズ オブ テキサス

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ブラントン

アメリカン・ウイスキー

エンシェントエイジ社(現在のバッファロートレース社)は1987年に関連会社のブラントン蒸留所を設立し、立ち上げました。 温度が安定している秋から冬にかけて発酵・蒸留を行い、樽に詰めた原酒を高低を繰り返し移動させて熟成させ、温度を一定に保ちます。 ブラントンの原液は、4年の熟成後にエルマー・T・リーによって味わわれ、選択された樽のみがさらに4〜6年間熟成され、1つの樽に瓶詰めされます。 それは豊かな豊かさを持っています。 この製品のワックス部分は非常に弱く、輸送中の振動や温度差によりクラックが発生しやすいです。 ご注意ください。 ひび割れによる交換はご遠慮ください。

わかりやすいシングルバレルです

 2021年01月24日

アルコール度数がやや高めのバーボンのシンブルバレルウイスキーです。しっかりとした琥珀色が付き、見た目にも熟成の成熟さが伝わってきます。クリアでのどに刺さることなくスムースに喉を通る滑らかさ、シングルバレルの特徴である香り高さをはっきりと感じることのできるウイスキーです。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ベイカーズ 2020

アメリカン・ウイスキー

ビーム製品の中で最もパンチがあり、香りのよいバレルの香りがする7年超熟成のクラフトバーボン<ベイカーズ2020>は、プレミアムデザインで数量限定で販売されています。4代目マスターディスティラー ジェイムズ・ベイカー・ビームによって考案されたレシピに基づいて作られた小さなバッチバーボン。濃厚で苦く、甘く香ばしいお香と、なめらかな後味が長持ちします。代々受け継がれてきた高品質の酵母を使用し、7年の熟成後もバランスの取れた味わいです。ビームファミリーの200年以上のバーボン作りのノウハウを結集したクラフトバーボン。

カッコいい‼️

 2021年02月04日

プレミアム感のあるデザインでまずジャケットがカッコいいです。思わずジャケ買いしたくなるスタイルです。コクがありやさしい苦みで甘く芳しい口中香で、心地よい余韻が特長です。代々受け継がれてきた高品質の酵母を使用し、7年の熟成期間を経たバランスの良い味わいが楽しめる1本です。 ビーム家の200年を超えるバーボンづくりのノウハウを結集したクラフトバーボンです

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
WILD TURKEY RYE

アメリカン・ウイスキー

「ワイルドターキー」は、1869年に設立されたリピー蒸留所(現ワイルドターキー蒸留所)に端を発し、1960年代から55年以上にわたり、世界最長の現役マスター・ディスティラーとして活躍しているジミー・ラッセルが、息子のエディ・ラッセルとともに、食材の味を最大限に引き出す特定の製造方法を守り続けている蒸留所です。「ワイルドターキーライ」は、カクテルに絶妙なアクセントを加えるストレートライウイスキーです。

シャープでエッジのあるワイルドターキー

 2021年01月26日

独特のクセがハマる人にはたまらない銘柄のワイルドターキーですが、これは原料で用いられるライの比率を51%以上になるまで高めています。甘味は少なめでシャープ。でもロックで飲むとマイルドで甘みが引き立ちますよ。青りんごっぽいフルーティーな香りもします。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
ワイルドターキー マスターズキープ ディケイド

熟成感が漂うバーボン!

 2021年01月30日

野蛮、力強さ、それにほのかに漂う甘さのバランスが好きな銘柄のワイルドターキーですが、こちらはバーボンとしては非常に珍しい10~20年熟成の原酒を用いています。木樽の香りは強いけど、クセは少なめ、アップルパイのような甘い香りもするユニークなお酒ですね。後味には香辛料のような雰囲気も感じられます。

人気おすすめアメリカン・ウイスキー:
オールドオーバーホルト

純粋なバーボンを求めている方にはオススメ

 2021年01月27日

バーで紹介されて初めて飲みました。感想としては甘すぎずく諄くもないです。純粋にバーボンを味わいたい方にはオススメですが、初めての方などは甘さが控えめなのでもう少し飲みやすい方が良いと思うかもしれません。だからこそハイボールやカクテルを作る際は余分な甘みもないので本来の美味しさで楽しめると思います。

この記事を共有する