マスター厳選!【スコッチ・ウイスキー】ギフトにおすすめランキング!|Just Fit

TOP » ビール・洋酒 » ウイスキー » スコッチ・ウイスキー

マスター厳選!【スコッチ・ウイスキー】ギフトにおすすめランキング!

2021年01月26日
img

スコッチはスコットランドで製造されてるウイスキーです。酸味やアルコールの刺激の奥に甘さを感じることが多いです。通販で人気のスコッチ・ウイスキーを厳選してみましたので、大切な人へスコッチ・ウイスキーをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ザ マッカラン 18年

スコッチ・ウイスキー

18世紀に生産を開始し、1824年にハイランドで2番目に政府登録された蒸留所となった一流の蒸留所。シングルモルトのロールスロイスとして賞賛されているシングルモルトの最高峰。 厳選されたシェリー樽で18年以上熟成させた原酒のみを使用しています。 本当に豪華なマッカラン。

特別な贈り物に

 2021年01月23日

厳選されたシェリー樽で18年も熟成させたと言うことで、深みのある、芳醇な香りが特徴的なお酒です。 リッチで、上品なお酒なので、お祝い事や、大切な人への贈り物としてあげると、とても喜ばれるのではないかなと思います。お値段もそこそこしますが、それ以上の価値を感じました。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ザ マッカラン 12年

スコッチ・ウイスキー

18世紀に生産を開始し、1824年にハイランドで2番目に政府登録された蒸留所となった一流の蒸留所。シングルモルトのロールスロイスとして賞賛されているシングルモルトの最高峰。 厳選されたシェリー樽で12年以上熟成させた原酒のみを使用しています。 最も標準的なマッカラン。

スコッチウィスキーの気品あふれる上質な香り

 2021年01月23日

スコッチウィスキーの中でもひときは独自の気品さを引き出させる稀有で唯一のポジション。 香りは芳醇で女性にも飲める口当たり、後味の余韻はマッカランにしか出せない魅力の1つです。ウィスキー初心者も上級者も万人が飲みやすい洗練された味わいです。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ザ・マッカラン ダブルカスク 12年

上品な味

 2021年01月24日

あまりこのようなお酒は飲んだことがなかったのですが、非常に飲みやすく上品な味わいでした。今までは、居酒屋とかで安いウイスキーばっかりだったんですが、マッカラン ダブルカスク 12年は比べ物にならないくらい?というか、これがウイスキーなんだと感じさせられる商品でした。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ザ マッカラン トリプルカスク 12年

スコッチ・ウイスキー

シングルモルトのロールスロイスと呼ばれる「ザ・マッカラン」から、シングルモルトウイスキー「ザ・マッカラン トリプルカスク 12年」が数量限定で発売されました。ヨーロピアンオークとアメリカンオークのシェリー樽とアメリカンバーボン樽の3つの異なる樽で少なくとも12年間熟成された生酒の完璧なバランス。シェリーのゴージャスさと柑橘類のフレッシュさをバーボン樽のバニラと柑橘類と組み合わせて、滑らかで繊細でバランスの取れた味わいを作り出しています。バニラとレモンの皮を思わせる香りとロングフィニッシュが楽しめます。

良い香りです

 2021年01月23日

バニラ、レモン、スパイシーな香り、チョコレートのような甘い香り、いろんな香りと後味を感じられる特別なウイスキーです。プレゼントにも最適だと思います。スッキリしているので、お酒が好きな方は皆さん飲める味わいだと思います。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ラガヴーリン 16年

スコッチ・ウイスキー

アイラ島のラガヴリン湾に面した絵のように美しい蒸留所で作られたシングルモルト。 その最も情熱的で、スモーキーで豊かな味わいで、それは多くの愛好家によってIslamortの決定版として評価されています。アイラ島が誇る荘厳な一品。 泥炭、海藻、木、果物の複雑な風味がこの島を世界的に知らしめています。 海塩のややウッディな味わいで、長くエレガントなピート香の後味が特徴です。

これがウイスキー

 2021年01月24日

初めてラガヴーリン 16年を飲みました。豊かな香りと飲みやすさのバランスがあります本当に美味しかったです。口当たりの良さと、飲みやすさは素人の僕みたいな人でもいけると思いますし、このクラスのウイスキーを飲むとめっちゃくちゃ安いウイスキーが飲めなくなるのじゃないかと思うくらいいいウイスキーでした。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
バルヴェニー 12年 ダブルウツド

スコッチ・ウイスキー

バルヴェニー12年ダブルウッドは、2種類の樽(ウッド)に貯蔵されたバルヴェニー独自のモルトウイスキーです。 蒸留後、最初に伝統的なバーボン樽に保管され、次にシェリー熟成に使用されるオーク樽に合計12年間たっぷりと熟成されました。 2つのバレルの特性を最大限に生かした奥行きが特徴です。

甘さが嬉しい!

 2021年01月24日

鼻に抜ける、舌に残る甘味が最高です。水割り、炭酸割りじゃなく、ぜひ、ロックで飲んでみてほしいです。このお酒自体が、甘味が強いので、おつまみはチョコレート系ではなく、少しすっぱみのあるフルーツなんかが合うと僕は思います!

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ジョニーウォーカー ブルーラベル

スコッチ・ウイスキー

1820年、ジョンウォーカーは、「一貫して高品質の製品を提供する」ことを願って、紅茶のブレンドに触発されたシングルモルトウイスキーのブレンドを開始しました。彼のコミットメントから生まれたジョニーウォーカーは、今や世界一のスコッチウイスキーとして人々に愛されています。厳選された希少な麦芽が織り成す独特の味わいであるピートの香りが、まろやかで深みのある味わいが特徴です。 蜂蜜のような甘い香りとスモーキーの絶妙なハーモニーは、「究極のブレンデットスコッチ」と呼ばれています。ゴージャスな琥珀色の輝き、複雑で多様なアロマバランス、そしてまろやかで力強い味わい。 ビロードのような質感と長持ちする仕上がりが特徴

スコッチウイスキーと言えば

 2021年01月23日

スコッチウイスキーを代表するジョニーウォーカーブルーラベル、古くからスコッチ好きに愛されているウイスキーの原点的なウイスキー、時代と共にラベルも代わり、味わいも変わっても、ジョニクロ、ジョニアカなどその時代時代の名品として今なを日田しまれている名品です

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ザ・デヴェロン 18年

スコッチ・ウイスキー

1960年にスコットランド高地のデブロン川が北海に合流する地点に設立されたマクダフ蒸留所で生産されたシングルモルトウイスキー。 蒸留所名とはブランド名が異なる希少なモルトです。 水平方向に設置されたコンデンサーを使用した液状化プロセスと、潮風の影響を受けてフルーティーで滑らかな味わいが特徴です。 18年はフルーティーでナッツのような味わいのシングルモルトです。

フルーティーです

 2021年01月23日

とても飲みやすくて美味しいウイスキーです。フルーティーでさっぱりとした香りで、飲んだあとしばらく鼻に良い香りが残っています。味も深くて素晴らしいのですが、やはり香りが良いのがお気に入りのポイントです。ウイスキー初心者でも飲みやすいと思います。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ラフロイグ 10年

スコッチ・ウイスキー

「ラフロイグ」は「広い湾の美しい窪地」を意味します。 その強くて密度の高い個性に魅了されている世界中のファンからアイラモルトとして高く支持されています。 独特のスモーキーフレーバーはアイラモルトの最も個性的で、高度なシングルモルト用です。 イギリスのチャールズ皇太子愛飲のモルトとしても有名です。

正露丸やヨードの香り、好き嫌いが激しく分かれる個性派ウイスキー

 2021年01月23日

好き嫌いがとにかく分かれることで有名なウイスキー。ヨード、正露丸の香りがするのは初めての際にさすがに驚きましたが、これが飲み慣れるとたまにどうしてもあの匂いを求めてしまうようになってしまいます。ピートをふんだんに使って麦芽を焙煎していますが、このピートもラフロイグの蒸留所近くのものを使用、海藻やヘザー(あざみ?)の成分が強いこともあって独特のフレバーを生み出しているようですね。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ボウモア 18年

スコッチ・ウイスキー

1779年に設立された、アイラ島最古の蒸留所。 ボウモアは、「アイラの女王」としても知られるエレガントなスモーキーな味わいが特徴です。 ボウモアの18年間で、シェリー樽の比率を上げることにより、ボウモア特有のスモーキーでシェリー由来の甘さが際立ちます。 熟した果実の香りと、長くバランスの取れた後味も楽しめます。 ISC2016年金賞。

スモーキーです

 2021年01月23日

チョコレートのような香りが強く感じました。スモーキーさがあり、深い味わいです。そのまま飲んでも美味しいですし、炭酸水で割っても香りが弱まることも無く、濃い香りと味を楽しむことが出来ます。色味も少し強めで高級感があるのも良いです。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
アードベッグ 10年

スコッチ・ウイスキー

アードベッグは、アイラモルトの最も繊細で複雑な味として世界中で高く評価されています。 ウイスキー評論家のジム・マレーは、「世界最大の蒸留所」と「完璧な味」を賞賛しています。最もピーティーでスモーキー。 一度味わうとやみつきになる独特の味わい。 強烈なスモーキーさと繊細な甘さと複雑さの究極のバランス。アードベギャンと呼ばれる熱狂的なファンに愛されているカルト的な存在。 2008年、ワールド・ウィスキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した最初のシングルモルトでした。

エッジの強さの中にフルーティーさも感じられる

 2021年01月23日

アイラ島を代表する銘柄です。当初はカリラ、ラフロイグとの違いがまったく分からなかったのですけど、飲み続けるとこの銘柄が一番エッジが強くオーキーであることが少しずつ分かるように。ピートの存在感はかなりのものだけど、口に含んで次に感じるのはフルーツっぽさ。何とも複雑で不思議なウイスキーです。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
グレンモーレンジィ 18年

上品

 2021年01月24日

クセがないので飲みやすく、クリアな味わいを楽しめます。ロックで飲むのはもちろん、ハイボールやカクテルのベースとして味わうのもおすすめ。ウイスキー初心者の方でも非常に飲みやすい銘柄です。またこのウイスキーを飲みたいと思いました。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
EDR ハイランドパーク ヴァルクヌート

スコッチ・ウイスキー

オークニー島のバイキングの伝説に触発されたバイキングレジェンドシリーズの第2弾。 主な熟成はアメリカンオーク樽で行われ、ピートミックスを増やして甘くスパイシーな後味を引き出します。 また、スモーキーなニュアンスのために地元のオークニータータン大麦を使用しているのも特徴です。

うまい!

 2021年01月24日

個性的な風味のなかに感じる、軽やかな口当たりとまろやかな味わいが特徴と思いました。コクや香りが楽しめるウイスキーを探している方に特におすすめ。クセが少ないので、初心者でも飲みやすいタイプです。次回も飲みたいと思いました。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
カリラ 18年

スコッチ・ウイスキー

スコットランドのアイラ島にあるカリラ蒸留所でリフィルのアメリカンオーク樽熟成された18年物。標準品のカリラ12年に比べ、ピートの香りが軽く、まろやかな味わいです。 タフィー、キャンディー、バタースコッチの繊細で食欲をそそる味わい。カリラはゲール語で「アイラ海峡」を意味します。 アイラ島とジュラ島を隔てる海峡は、スコットランドの西海岸で最も風光明媚な地域です。この深い入り江にあるカリラ蒸留所は、近年非常に人気のあるホットな蒸留所です。

上品です

 2021年01月24日

テイストとしては軽快で、口当たりはスムーズ。まろやかですっきりとした味わいを楽しめるのも魅力です。飲み方としてはよく冷やしたロックやストレートのほか、ソーダ割りなども候補。また、カクテルベースで使われることも多く、その際はマンハッタンやニューヨークなどがおすすめです。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
キャパドニック21年

スコッチ・ウイスキー

「キャパドニック」は、1898年にスペイサイドの有名なスコットランドの醸造所であるスペイ川のほとりに設立されました。 非常に小さな蒸留所として知られており、全盛期でも、ピートウイスキーと非ピートウイスキーの2つのラインナップが少量ずつ蒸留されました。 周囲の蒸留所が徐々に拡大するにつれ、「キャパドニック」はその小規模さとウイスキー製造への信念を変えることなく、少量ずつウイスキーを製造し続けました。 2011年に取り壊され、シングルモルトウイスキーしか残っていない幻の蒸留所。 蒸留所の建物はもう存在しませんが、メーカーの職人技はウイスキーで今も生きています。

マイナーではあるが是非試していただきたい逸品。

 2021年01月25日

表題通り、なかなかマイナーな一本です。 私もバーテンダーさんに勧められてこの銘柄を知りました。一杯3000円程度でしたので、聞いたこともない銘柄に払う金額としては少々高いと思いながらも好奇心には勝てず。 結果、大正解です。 ほんのりと香るバニラのような風味の後に、ドライフラワーのような香りが開き、一体何が入っているのだ?と首を傾げるほどでした。 流通量の少ない銘柄なのでバーでも置いてあるところは多くなく、帰るときに買っておくべき一本だと思いますよ!

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
タリスカー 57° ノース

スコッチ・ウイスキー

100%アメリカンオークのリフィル​​樽で熟成された特別なシングルモルト。タリスカー 57°ノースは、タリスカー蒸留所の緯度日南で、57%のアルコールで瓶詰めしていました。タリスカーの独特で強烈な個性を強調するかのように、純粋さは魅力的です。

シーフードと合います

 2021年01月23日

高級感のあるボトルに惹かれました。味は深みがあり、フルーティーな香りとふわっと感じる甘さが最高に美味しいです。お料理は何でも合いますがシーフードとの相性が抜群に良いと感じています。お酒が弱い方でも炭酸で割って楽しめます。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
タリスカー ストーム

スコッチ・ウイスキー

タリスカーストームは、口の中で甘く感じるか感じないか、その途端まるで嵐のようにとても辛くなり、潮の風味が入ります。甘さ、スモーキーさ、潮の風味のバランスが非常に良く、優雅に長持ちします。ストレートでもオン・ザ・ロックでもお楽しみください。

2段階で楽しめる名酒

 2021年01月23日

普通のタリスカーでは物足りないと思った方にはぜひこちらをお薦めします。蜂蜜のような香りが一瞬するため、甘みがあるのかと口に含み味わった次の瞬間に口内を走り抜けるスパイシーさにきっと驚くはずです。そしてその後に訪れる芳醇なスモーキーな香り。これは大人の中の大人が飲むウイスキーだと思います。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
タリスカー 18年

スコッチ・ウイスキー

タリスカー18年は、スカイ島が誇る黄金の蒸留酒です。世界的に有名なタリスカーから初めて標準で発売される長期熟成シングルモルトウイスキーですが、年間生産量は限られており、熟成を楽しむことができるウイスキーです。男性的であることで知られるタリスカー10年との比較も魅力的な楽しみです。

王道アイラ。

 2021年01月25日

アイラモルトの中ではそれ内に有名な一本で、年齢の若いタリスカ―もピートが利いていてなかなかの味ですが、この18年のようにある程度の年齢になったものはピート香の中から深い風味を探すのが楽しくなってきます。 個人的にアイラモルトのハイボールを愛飲しているのですが、これはぜひニート(ストレート)で味わっていただきたいところ。 アイラモルト自体がやはりクセの強い種類ではありますが、ハマると普通のスコッチでは物足りなくなります。 はじめに質の悪いものから入ってアイラモルトを嫌いになってほしくないので、初心者の方にぜひおすすめしたいです。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
マクリームーア カスクストレングス ピーテッドアランモルト

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
スキャパ スキレン

スコッチ・ウイスキー

「スキャパ スキレン」は、ファーストフィル(空の樽)で熟成させた原酒を100%使用したシングルモルトウイスキーです。 今日では珍しい、独特の樽型のローモンドスチルで蒸留すると、蜂蜜や果物を彷彿とさせるニューメイク(ウイスキーの基礎となるスピリッツ)になります。 100%ファーストフィルバーボン樽を使用することで、バニラのようななめらかな甘みが特徴的な味わいです。 パッケージは北海に浮かぶ帆船をイメージしてデザインされています。

香りが芳醇

 2021年01月25日

ふだんは自分ではなかなか手が出せないものですが、贈り物としてプレゼントされたときに飲んだものです。普段ならハイボールは自宅でもよく飲みますが、こちらを使って作るハイボールは非常に豊潤で、香りが高く最高でした。高価なものなので、いつもより少し薄めに作ったハイボールですが、本当においしさが感じられました。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
モートラック16年

スコッチ・ウイスキー

モートラックは、ほぼ70年間、最も隠されたウイスキーの世界でした。 1923年から1992年まで、このパワフルで複雑なウイスキーは、20世紀のブレンデッドウイスキーの基礎として使用されていました。 蒸留所のスタッフでさえ、モートラックをシングルモルトとして味わうことは許されていませんでした。 1992年、ついに「ダフタウンビースト」を解き放つチャンスが訪れました。 そして最初に、蒸留所のスタッフを含むほんの数人の幸運な人々だけが、16年物のモートラックを提供されました。モートラック16年は、その貴重なボトルへのオマージュです。 モートラックの代名詞である野生の複雑さに加えて、ファーストフィルおよびリフィルのヨーロピアンオーク樽でのみ熟成することで、まろやかさ、フルーティーでゴージャスな香りを強調します。

特別感がある味わい

 2021年01月24日

かなり濃厚で、甘さのなかに、刺激的なスパイシーさが、ピリッときて、キレがあります。 モートラックは「ダフタウンの野獣」と呼ばれるほど、力強く、芳醇な味わいに定評がありますが、16年は、特別感がある味わいです。 水や革のような香り、ハーブや草のような、ピリっとした感覚がクセになります。 断然、ストレートで飲むのがオススメです。 ストレートでは飲まない、という人にはロックでももちろん、オススメです。 16年は、12年や20年よりも骨太な刺激があり、ほんのりとした甘さも加え、 余韻があります。 値段も高いので、特別なお祝いに、スコッチウイスキー好きの人に贈呈すると喜ばれます。 12年、20年と飲み比べするのもオススメですが、ゆっくりとした時間に、20年を特別な日に飲むのがいちばんよいかな、とも感じました。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ベンリアック 12年 シェリーウッド

スコッチ・ウイスキー

1898年に設立され、スペイサイドの中心部にある、ノンピート大麦麦芽とピート入り大麦麦芽の2種類のシングルモルトウイスキーを製造するユニークな蒸留所。 さまざまな樽を使って熟成や仕上げを行う、珍しい自社フロアモルティングが特徴です。 シェリー樽熟成原酒、オロロソ樽フィニッシュ原酒、ペドロヒメネス樽フィニッシュ原酒を完璧に調和させた逸品で、シェリー樽のまろやかな甘さとスペイサイド特有のフルーティーな味わいが共存しています。 果物とオーク由来のスパイスの多くの層を特徴とします。

女性好みな雰囲気

 2021年01月25日

このウイスキーは、フルーティーさが特徴です。普段、ウイスキーが苦手という方でも、香りなどを楽しみながら飲むことのできる一本であると思います。特にお勧めはハイボール。フルーティーさもあるので、酎ハイ感覚でさらっと飲むことができるハイボールとなります。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ビッグピート ダグラスレイン

スコッチ・ウイスキー

すでに閉鎖されているポートエリンとボトラーズからほとんど姿を消した、アードベッグの原酒を含む豪華なアイラ・ブレンデッド・モルト。BIG PEAT(ふんだんなピート)とBig Pete(ピートおじさん)をかけたジョークの言葉遊びを表現する、地元のアイラ島のおじさんにインスパイアされたインパクトのあるイラストを使用。これが唯一のアイラモルトです!

インパクトあります

 2021年01月23日

ボトルのデザインもインパクトがあるのですが、味も少しスパイシーさを感じてインパクトがあります。フルーティーな香りもあって飲みやすいと思います。レモンなどの柑橘を合わせるとスッキリといただけるウイスキーです。お酒が弱い方にもおすすめです。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
バランタイン 17年

スコッチ・ウイスキー

バランタインのモルト蒸留所は、オークニー諸島のスカパからハイランド地方のグレンドロナック、スペイサイドのミルトンダフとグレンバージー、トーモア、アイラ島のラフロイグまで、9か所にあります。 ゴージャスでまろやかな味わいが特徴です。

間違いのない一本。贈り物にも!

 2021年01月25日

ブレンデッドウイスキーとして名高いバランタイン。 シングルモルトこそが至高、ブレンデッドは邪道、というような風潮がウイスキー界隈に蔓延っているような印象を受けますが、そんな風潮に一石を投じるのは今も昔もバランタインであると私は考えています。 ウイスキー好きの人であれば誰にでも親しみやすい優しい味わいは、ストレートでもロックでも水割りでもソーダ割りでもその形を問いません。全てにおいて親和性があり、完成度の高いウイスキーだと思います。 自分で飲むのももちろん、具体的な好みまでわからないようなお相手へのプレゼントとしても最適だと思います。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
アラン モルト 21年

スコッチ・ウイスキー

アランモルト21年は21年熟成されており、ファーストフィル、セカンドフィルのシェリーホグスヘッドで熟成した原酒のみをブレンド。 色は濃い琥珀色、香りはまろやかで甘いです。 ジンジャーは、アランのような柑橘類、甘い小麦の香り、シェリー樽のようなダークチョコレートをアクセントにした香りがします。 味わいは、ローストしたヘーゼルナッツ、マーマレードジャム、アプリコットで、オークのフィニッシュに続いてダークフルーツとクローブが続きます。 21年の熟成の後、清らかな酒質は非常にエレガントで豊かな風味を生み出します。

とにかく香りを楽しめた一杯

 2021年01月25日

結構前ですが、上司とバーに行ったときにはじめて口にしたものです。普段はロックでウイスキーを飲むことはありませんが、今回ばかりは水や炭酸で割ってはもったいないと思い、ロックでいただきました。普段飲んでるウイスキーとこうも違うのかというくらい、味わい深いものでとても印象に残っています。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
バランタイン グレントファーズ 15年

スコッチ・ウイスキー

バランタインの中心的役割を担うキーモルトをシングルモルトとして発売。 ブレンドの仕上げを担当するキーモルト。 なめらかで繊細な後味、ベリーの風味、ナッツのような香りが特徴です。 今でも、主に手作業を伴う小さな蒸留所での製造技術をブレンダー自身が学ぶためのトレーニング場所としても使用されている逸品です。【デザイン】バニティケースは、蒸留所の「石」の風合いを表現しています。 このボトルには、バランタインの創設者であり、最初のマスターブレンダーであるジョージバランタインの名前が付けられています。

インパクトのあるシングルモルトです

 2021年02月06日

シングルモルトの特徴を感じやすいウイスキーで、口に含んだ瞬間から強いインパクトを感じることができます。アルコール独特の辛みを感じることなく、ベリー系の味わい、鼻に抜ける香りはアーモンドを思わせ、飲み終わってからも長くその余韻が残ります。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
レミーコアントロー オクトモア11.1 スコティッシュ・バーレイ

スコッチ・ウイスキー

オクトモアから新しく生まれた、純粋で本物のスーパー・ヘビリー・ピーテッド、11.1はパワフルで、やや控えめですが、ダイナミズムに満ちています。 ファーストフィル樽でわずか5年熟成。 それにもかかわらず、スモーキーさはバレルからの甘いバニラと調和し、しっかりしたボディを作ります。 圧倒的な存在感とさわやかなフルーティーでフローラルな香りが絶妙なバランスで共存するピート。 2013年に収穫され、同じ最高のアメリカンオーク樽で熟成された最高のスコットランド大麦を使用して2014年に蒸留されたへビリー・ピーテッド・モルト・ウィスキー。 マルトース、バニラ、オークがしなやかでさわやかな味わいと素朴なピートの香りのバランスをとっています。 さわやかな潮風、泥炭地の八柳、寒い夜のピートの煙、そしてさまざまなアイラ島の香りがグラスを満たし、温かみのあるハーモニーを核にしています。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
グレンスコシア 25年

スコッチ・ウイスキー

最高級のアメリカンオーク樽で熟成させた原酒を厳選し、バッティングし、1回目のバーボン樽で1年間熟成させました。 大西洋の息吹を感じる潮の香りと辛さを保ちながら、樽由来のバニラシロップとキャラメルの甘みとコクのあるフルーティーな甘さのシングルモルト。

グレンスコシア 25年について

 2021年01月25日

1本1万近くするお酒であるが、非常に飲みやすくおいしい。買って損はなかったと思う。味わいはフルーツを予感していたが、実際に飲んでみると非常に複雑で濃厚である。さすがにいろいろな味が適度に絡み合い最高の味わいを提供しているように思えた。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
グレンモーレンジィ キンタ・ルバン 14年 ポートカスク フィニッシュ

スコッチ・ウイスキー

バーボン樽で熟成させた後、ルビーポートワイン樽でさらに熟成させます。 独特のブラックチョコレートとミントのフレーバーを持つ滑らかなシングルモルト。 ポルトガル語で「キンタ」は「ワイナリー」を意味し、ゲール語で「ルバン」は「ルビー」を意味します。 14年間熟成。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ラガヴーリン 8年

スコッチ・ウイスキー

印象に残る「アイラ島の巨人」ラガヴーリンの味わいを存分に表現した、甘くて香り高いスモーキーなシングルモルトスコッチウイスキー。 蒸留所200周年を記念して2016年に発売された限定商品。 世界中から好評を博し、2018年に定番商品として発売される。アルティメットスピリッツチャレンジ(USC)2018で97点満点。アイラシングルモルトスコッチで会長トロフィーを獲得。 ウイスキーのカテゴリーで、グレートバリューの評価を受けました。

荒々しいアイラ。

 2021年01月25日

有名なアイラモルトとして名前の挙がることの多いラガヴーリンですが、この一本は少々好みが分かれるかと思います(私は好きです)。 アイラモルトの中でもやや荒々しい味わいであることに加えて、8年という若い年数なので、より『尖った』印象を受ける味わいです。 アイラモルトの好きな方にはぜひおススメしたいところですが、アイラモルト初心者の方は、まずソーダ割りなどから初めてこの暴力的な味になれる必要があると思います。 しかし、一度この味に舌が慣れてしまうと通常のアイラモルトでは物足りなく感じることもあるかもしれません。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
ベリーブラザーズ&ラッド クラシック ピーテッド

スコッチ・ウイスキー

ピートハイランドモルトを中心に、昔ながらのピートスタイルを表現したブレンドモルト。 カラーはライトゴールドです。 ピートとの香りがフルーティーさを広げます。 熟した果実の甘みとやわらかいピートのキャラクターがブレンドされたバランスの取れた味わいです。 香りからフィニッシュまで、心地よいピート感が楽しめます。

スモーキーさとまろやかさのバランスがGOOD

 2021年02月05日

イギリスのスコッチウィスキーにはよくあるピート由来の独特なスモーキー感もありながらそこまで癖が強すぎるわけでもないバランスの良さでウィスキーに詳しくない人でも挑戦しやすい銘柄です。最初口に含んだ時にはフルーティさを感じるような甘みがあり、その後はスモーキーさのあるチョコレートのような飽きの来ない味が楽しめます。男性へのプレゼントに送っても喜ばれる一品になっていると思います。 日常的にウィスキーを楽しみたい人や、食後のひととき、休日の楽しみなどに気軽に飲めるウィスキーで、チーズやナッツなどとの相性もよく、合わせるものを選ばずに飲めるもの魅力的だと思います。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
グレングラッサ リバイバル

スコッチ・ウイスキー

1875年に設立され、20年以上休止した後、2008年に蒸留が再開されました。 イーストハイランドのマレー湾に面した海沿いに位置し、ハイランドとスペイサイドの国境にまたがる唯一の蒸留所です。 その場所のために、味は3つの環境の影響を受けます。 メーカーとしての職人技にこだわった小規模・小規模生産が特徴です。 再開後に蒸留された最初の標準アイテム。 赤ワインで熟成させたヨーロピアンオーク樽とバーボン樽で熟成させた原酒をシェリー樽に交換し、再度熟成させます。 海の恵みを受けたハイランドシングルモルト。

シングルモルト感をしっかりと感じることができます

 2021年01月24日

熟したオレンジやイチジク、干しブドウを感じさせる濃厚で成熟した味わい、様々な仕込み樽で香りづけされた豊かな風味が鼻に抜け、至福の時間を約束してくれます。シングルモルトの特徴である力強さを全面に感じることができます。

人気おすすめスコッチ・ウイスキー:
グレンモーレンジィ シグネット

スコッチ・ウイスキー

グレンモーレンジィはスコットランドで最も愛されているモルトウイスキーです。スコットランドで最も高いスチールから生まれ、最高の樽のみを使用して熟成された最高のテイスティングスピリットです。シグネットは、グレンモーレンジィが長年研究し、チョコレートモルトなど独自の製法で生み出したベルベットのような味わいのプレミアムシングルモルトです。

芳醇な香りに脱帽です

 2021年01月24日

スコッチの奥深さを感じることのできるウイスキーで、その深い琥珀色からも完成度の高さを感じ取ることができます。口に含むと濃厚で芳醇な香りが鼻に抜け、深い余韻はいつまでも続きます。アロマ感もしっかりと漂い、リラックスしたいときのお供としておすすめのウイスキーです。

この記事を共有する